私好みの色に染める…注文住宅の魅力

自分で全てを決められるメリット

注文住宅を建てる魅力は自分で全てを決められることです。土地の制約こそ受けるものの、その土地の中で建築条件を満たしている限りはどのような形で住宅を設計しても構いません。工務店などに相談すると希望をヒアリングして原案を作ってくれますが、その不満点を列挙していけば解決された図面を引き直してくれます。自分で勉強して図面を引いても良く、さらに理想を追求できる方法になります。間取りだけでなく使用する住宅素材についても任意で決められるので外観も内観も理想として思い描いている色に染めることが可能です。導入したい住宅設備も自由に選定できることから、どのような暮らしぶりをしたいかも忠実に反映させることができます。

予算との相談が肝心な注文住宅

注文住宅では理想を極限まで追求して自分の色あるいは家族の色に染めることができますが、一つだけネックがあります。より良いものを求めるには予算が必要になるため、予算枠内でしか理想を追い求めることはできません。建築を依頼する住宅業者によって基本料金もオプション料金も異なることから、その比較を行って最終的に一社に絞り込むという戦略も重要になります。二つの設備のどちらかを取らなければならないという場合もありますが、工夫次第では両方を入れられるようになることも少なくありません。高い設備を後から入れられる設計にしておいて安い業者に後から入れてもらうこともできるからです。予算に応じてこのような工夫のしがいもあるのが注文住宅の特徴となっています。

建売住宅は、注文住宅に比べてコスト面で優れており、立地などの条件が合えばすぐに購入して住むことができるといったメリットがあります。